自ら準備する人も増えているお葬式

お葬式に対する意識が変化しています。
儀式の多様化は以前から始まっていますが、それ以前の自分がいなくなった後のことを考える人が増えてきました。
その形として、生前に自分のお葬式の形を決めておくということに注目が集まっているようです。
葬儀そのもをを行うか、行わないかといった選択もありますが、行うとしたら、それは宗教的な儀礼を行うか、あくまで自由な形式でするかといった選択の幅もでてきます。
さらに、それにかかる費用も考慮に入れなくてはならなくなります。
自らの最後を考え、どういう形で終わるかを準備することを表す終活という言葉も新しく定着しています。
最近は、葬祭業者も生前予約ができるところが増えてきました。
以前は家族が亡くなって初めて葬祭業者と関わるといったことが普通でしたが、最近は、本人自らが最初から自分の最後に関わっているということも珍しいことではなくなっています。
その際には、本人の意志がもちろんいちばんに優先されるべきことですが、家族の意志の確認も必要だということも忘れないようにすることが大切です。